プロフィール

フォトアルバム
老梅庵店長

すばやく前向きな行動をモットーにアクティブな反面、読書や美術館めぐりなどけっこう好きです。今、大衆文学の超大作・北方謙三の「水滸伝」全20巻を読破中。ですが泥臭いビジネス本にも目をやったりします。性格的には基本淡白ですがハマルと結構粘り強いようです。結局のところそこらへんにいるただのおやじかも。(店長SoBaちゃん)

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 中秋の名月を眺めると夢が叶うかも~♪ | メイン | 今年も そばの花見会開催しま~す♪ »

2010年9月17日 (金)

純米冷おろし、紫の赤兎馬入荷しました~☆

nightこんばんは、とら子です。

happy02味覚の秋、restaurant食欲の秋、


bottle日本酒もいちばん美味しい季節ですnotes

maplemaplemaplemaplemaplemaplemaplemaplemaple


DSCN1422.jpg

ひやおろしとは

snow厳冬につくり、

cherryblossom春に火入れ貯蔵した清酒は、

sunsunsun暑い夏の間を涼しい蔵内で貯蔵させ、

maple秋の気配が感じられ外気と蔵の中の温度が同じくらいになった頃、

熟成して、香味も落ち着き 飲みごろの清酒を貯蔵タンクから、

そのまま生詰で出荷された酒を「ひやおろし」と言います。


maple「秋」に「あがってくる」お酒として、「秋あがり」とも言われます。


bottleshine新酒は、

しぼりたての香りやフレッシュな味わいが魅力ですが、

時に荒々しさが残ったり、酸味が強く出ることもあります。

それを約半年間熟成させることで味にまろやかさや丸みが出て

本来その酒の持っている、もともとあったうま味が増すのだそうです。

毎年ninenine日〔 重陽(ちょうよう)の節句 〕が、

冷やおろし解禁日とされています。

古来、日本では縁起のよい「9」という数字が2つ重なることから、

長寿を願い菊の花を飾ったり、菊の花をお酒に浮かべて飲んだりしていたそうです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/564835/28286379

純米冷おろし、紫の赤兎馬入荷しました~☆を参照しているブログ:

コメント

「秋あがり」初めて聞きました!!

うちにもひやおろし何本か届きました♪

って言うか紫の赤兎馬あるんですね!!

勉強になります。。。

和心料理 寿 kotobuki84 様

コメントありがとうございます^^

益荒男には、「秋あがり」ってラベルがはってありますよ^^

写真が切れてしまったので、後日撮り直そうかと思います。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

会席料理と蕎麦 老梅庵 四日市本店(ろうばいあん) のサービス一覧

会席料理と蕎麦 老梅庵 四日市本店(ろうばいあん)