プロフィール

フォトアルバム
老梅庵店長

すばやく前向きな行動をモットーにアクティブな反面、読書や美術館めぐりなどけっこう好きです。今、大衆文学の超大作・北方謙三の「水滸伝」全20巻を読破中。ですが泥臭いビジネス本にも目をやったりします。性格的には基本淡白ですがハマルと結構粘り強いようです。結局のところそこらへんにいるただのおやじかも。(店長SoBaちゃん)

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 街中文化祭amdマルシェジャポンIN四日市が開催中☆ | メイン | 横山農産に そばの収穫のお手伝いに行ってきました☆ »

2010年11月 7日 (日)

少年漫画誌の創刊50周年記念 『サンデー・マガジンDNA』

happy02こんにちは、とら子ですcat

DSCN1777.jpg


少年漫画誌の創刊50周年記念『サンデー・マガジンDNA』の巡回展が


四日市博物館にて開催(onetwotwosix日まで)されています。

DSCN1780.jpg

創刊号復刻版の展示。

時代をリードした歴史的名作から現在の人気作品まで、

両誌を代表するonezerozero作品の原画を一堂に集めて展示。


原画からは、印刷後ではわからない作画時のタッチまで伝わってきます。


ここでしか見られない貴重な資料も多数。


onezerozero作品の単行本の第1巻を読むことが出来るそうです。


DSCN1773.jpg

1959(昭和34)年3月17日。


「週刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年マガジン」(講談社)が創刊しました。

奇しくも全く同じ発売日、編集部の人数まで全く同じという状況で生まれた両誌は、

まさに宿命のライバルといっても良い存在。

以来半世紀の間、ドラマチックな作品を世に送り出し、少年マンガを進化させ続けてきました。

その様は、まるでからみ合う二重らせんのDNAを思わせます。


「少年マンガ」を通して、日本の歴史、そして自分自身の時代も振り返ることが出来る、

これまでにないユニークで見ごたえたっぷりの展覧会です。

これほどのものが一堂に集められる機会はほとんどないので

ぜひ見にお出かけください。runrunrun

その際は、老梅庵に“新そば”を食べにお立ち寄りくださいね。

zaru1-bburogu.jpg


happy01お待ちしておりますscissors

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/564835/28286471

少年漫画誌の創刊50周年記念 『サンデー・マガジンDNA』を参照しているブログ:

コメント

創刊50周年ですか?

もちろん、
とら子さんは、
生まれてないですよね^^

クマは、
4歳の時に、
創刊されたんですね・・・

クマの時代は、
やはり、
巨人の星です。

よくバスの中で、
爪先立ちして、
足を鍛えていたものです^^

もちろん、
大リーグボール1号も、
練習してましたよ、
懐かしいですね。

四日市かぁ、
見に行きたいです、
そして、
帰りには、
“新そば”を食べてね。

桑名の友達に、
一度相談してみますね・・・

クマ

ダイニングバー マスカレード オーナー 街のくま 様

コメントありがとうございます^^

ハイ、店長も私も まだ生まれてないです。が。。。

小学生の時は TVアニメの『巨人の星』にどっぷりハマってました♪

なので、店長は くまさんのコメントを読んで

「 分かる、分かる 」と、言ってましたよ~。

ちなみに、

月曜日休館 午前9時30分から午後5時 (入館は閉館の30分前まで)

◆会 場 四日市市立博物館  4階 特別展示室

◆入館料 中学生以下無料、一般:700円、高校・大学生:500円

 です。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

会席料理と蕎麦 老梅庵 四日市本店(ろうばいあん) のサービス一覧

会席料理と蕎麦 老梅庵 四日市本店(ろうばいあん)